お子様の教室をお探しの方へ

よくある質問と答え

保護者の方からよくいただく質問をまとめました

森先生に、正人くんのお母さん、章子ちゃんのお母さんがいろいろ質問しています。 みなさんも参考にしてくださいね。


  • 森先生

  • 正人くんのお母さん

  • 章子ちゃんのお母さん

正人くんのお母さん

こどものためのリトミックについて説明してもらえますか?

森先生

音楽と身体を使った“子どもの能力開発”教育です。見て、聴いて、感じたことを、考えて表現する、幼児の感覚、頭脳、身体をひとつにする教育です。これを通じて、言葉や数(知育)、音やリズム(音感)、自立心(情操)がしっかりはぐくまれてます。

自己をしっかり持って、自分をしっかり表現できる、ことは海外との交流が日常的になるこれからの日本人にとってとても大切なことだと思います。

章子ちゃんのお母さん

こどものためのリトミックの目標は?

森先生

●情操教育(心の教育、人間教育、自立心)
●音感教育(音感、リズム感、拍子感、音楽の楽しさなど音楽の基礎)
●生活習慣(言語、数、感覚)
がこどものためのリトミックの“ねらい”です。

正人くんのお母さん

お母さんも子どもと一緒にやるのですか?

森先生

1~3歳は、お母さん(保護者)といっしょにするカリキュラムです。

(1)レッスンでは、まず先生やお母さんが見本を示します。この時期は、“模倣期”と言われるように、とてもまねっこが好きで、じょうずです。先生、お母さん、お友だち、お友だちのお母さん、などみんなの真似をして、吸い取り紙のように吸収して自分のものにしていきます。

(2)お母さんが、他のお子さんといっしょにすることもあります。つい、自分の子どもだと厳しすぎたり、あますぎたりしてしまいますが、他のお子さんといっしょにすることで、自分のお子さんを客観的に見て、冷静に接することができるようになります。

(3)ご自宅ではお母さんが先生です。お母さんも、レッスンに参加していただいて、レッスンの内容を確認してください。ご自宅では、お母さんが先生になって、レッスンのまねっこをすることでお子さんの理解が深まります。また、お子さんとのコミュニケーションも高まります。

章子ちゃんのお母さん

下の子がまだ6か月なので、子どもといっしょにできないのですが・・・。

森先生

1~3歳のお子さんの場合は、そのようなケースが多いですね。カリキュラムの中には、お母さんといっしょにするテーマもありますが、その部分は先生が配慮しながらレッスンを進めます。

受付か担当の先生に事情をお話しください。

正人くんのお母さん

リトミックと体操とはどう違うのかしら?

森先生

リトミックは「五感で感じたこと」を「頭でよく考えて」、「体全体で表現する」心身一体の教育です。

とくに「思考する」要素が、ゲーム感覚で盛り込まれており、筋肉作用だけでなく、脳作用も活発に行なわれています。

章子ちゃんのお母さん

お遊戯と違う点は?

森先生

リトミックは、決められた振付けを何回も練習するのではなく、自分が感じたこと、考えたことを自己表現していきます。

正人くんのお母さん

いろいろな教具があるようですが。

森先生

こどものためのリトミックでは、子どもの能力開発を目的に、イメージし創造する力を養うために、リズム教材のほか知育教材を導入しています。

教室でも作りますが、半分はご自宅でお母さんが先生になって作ります。そして翌週、教室でその作品をリトミック的(身体動作を伴って)題材に使ってレッスンを進めます。

章子ちゃんのお母さん

はさみやのりも使うのですか?

森先生

手先の器用さ、使い方の訓練という意味もありますが、まず第一に“イメージし創造する”(能力開発の原点)ということを重視しています。

たとえば、2歳児の“切り紙”は、紙を切っているのではなく、作品を作っているのです。切った紙はゴミではなくて作品なんです。

正人くんのお母さん

レッスンは何人くらいでしますか?

森先生

6~8人くらいのグループを1人の先生が担当します。

先生は1人の方が子どもたちは集中できますし、かつ小グループですから充分に行き届いた指導ができます。

章子ちゃんのお母さん

個人のリトミックもあるのですか?

森先生

リトミックはグループが基本ですが、同じ年齢、同じ進度のお子さんがいない場合や4歳以上の場合は、個人でも対応しています。

正人くんのお母さん

1~3歳児と4・5歳児の内容の違いは?

森先生

低年齢の子どもたちは、できたことを繰り返しすることを好みます。そして、とてもよく集中します。ただ、ひとつのことに長く集中することはできません。4・5歳児は、同じことの繰り返しを嫌います。たとえば、1~3歳児は、「先生、あれまたやって!」と言いますが、4・5歳児は、「先生、またあれやるの!」と言います。

そこで、4・5歳児では、段階式カリキュラム(今週はレッスン1、来週はレッスン2というように…)を採用し、1~3歳児では、らせん式のカリキュラム(今月は項目1~10、翌月は項目6~15と1~5の応用…)を採用しています。

章子ちゃんのお母さん

うちの子は2歳ですが、4月生まれなので、1歳上のコースに入れたいのですが。

森先生

幼稚園や学校の場合、4月2日生まれから翌年の4月1日までに生まれたお子さんが同じクラスです。この教室でも、学齢制をとっており、クラスの皆がそろって年長になったり、小学校にあがるようにしています。また、リトミックレッスンでは、「グループの中で自分を生かしながら、協調して生きていく(自己表現して)」“自立”ということなど、情操(人間)教育面も重要な課題です。

これから学校に行くお友だちと仲良く一緒に遊べる人格を育てるという風に考えた方がよいのではないでしょうか。

正人くんのお母さん

うちの子は3月生まれなので、ついていけるか心配です。

森先生

幼稚園にいけば、前年の4月生まれの友だちもいっしょになるのですから、最初は少し大変かもしれませんが、今から少しずつ慣れることも必要ですね。

レッスンは6~8人の小グループですから、一人一人のお子さんに行き届いた指導ができます。

章子ちゃんのお母さん

さっき体験レッスンに参加させてもらったのですが、うちの子はあまりなじめませんでした。大丈夫かしら?

森先生

そうですね。初めてのところに来て、新しいお友だちがたくさんいたから、びっくりしたんでしょう。お子さんは、慣れてくるとまったく反応が違います。

私の経験でも、それが1日で変わったり、1か月から3か月かかる場合もありますが、その後は他のお子さんとまったく変わりなく楽しくできるようになっています。

戻る