リトミック研究センター千葉第二支局です


講座、特別研修会等の
ご案内&ご報告

タイトル 2018年春季特別講習会
千葉会場(千葉県)
対象 -
日時 2018年3月25日(日)10:00〜13:00
会場 千葉市文化センター第二リハーサル室
講師 北島尚子
幡野多加子(リトミック研究センター千葉第二支局 支局長)
会員受講料(税込み) 3,240円
ご案内・申込書 講習会のご案内&お申込書(PDF)
問い合わせ 千葉第二支局
0436-23-9051
備考 後援:千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会、公益財団法人日本レクリエーション協会、NPO法人東京モンテッソーリ教育研究所
講習会テーマ:療育とリトミック
定員50名

ご報告

タイトル 2017年度春季特別講習
2017年3月26日、千葉市生涯学習センターで春季特別講習会が開催されました。 保育士さんの参加が多かったので、前半は音価や言葉のリズム、後半はパネルシアターを使った実践的なリトミック。 皆さん楽しく参加してくださり、帰りには月例会の入会手続きをして下さる方も。 来年は「療育とリトミック」と言うテーマを予定しています。 来年も皆様のご参加お待ちしております。
 

タイトル 2016年度月例研修会修了式
日付 2017年3月17日(日)
2017年3月17日、2016年度の修了式が開催されました。
皆さん一生懸命練習を重ね、無事試験に合格されました。頑張られた分、とても満足気な表情の皆さんと、修了式後は各級毎の発表です。
★初級は言葉のリズム
★中級は6/8拍子の表現
★上級は3/4拍子と6/8をヘミオラで
★特コースは3歳児の指導書の中の課題を、幼稚園用にアレンジした指導法
皆さん楽しく発表されました。
来年度も頑張りましょうね❗

タイトル 2016年度夏季特別講習会
日付 2016年7月31日(日)
<写真1>
2016年7月31日、千葉市文化センター第二リハーサル室にて千葉第二支局の夏季講座を開催しました。今年は神原雅之先生にお越し頂いて、「幼児と一緒にリトミック・ リズムゲームを楽しもう!」をテーマに授業をお願いしました。
<写真2>
神原先生の素敵なピアノに合わせて、まずはビートを感じましょう!歩いたり歌いながらふりを付けたり、難しいリズムも平気!
<写真3>
ボールを使って、音価を感じましょう!テンポ・ダイナミクス・空間を感じて、転がしたり手渡したり!

色々な歌を使えば子供たちも楽しく取り組めること、指導者としてどのような事を考え、どのように接し、どんなことに注意しなくてはならないか、またなぜリトミックが必要なのか等、具体的な方法を      交えて教えて頂きました。
神原先生の魅力に、参加者は始まってすぐに虜です。そして、皆さん大盛り上がりでした。
<写真4>
今回お申込み人数が多く、お断りしてしましました事、この場をお借りしてお詫びいたします。また来年のご応募お待ちしています。

写真1

写真2

写真3

写真4

タイトル 2016年度春季特別講習会
日時 2016年3月27日(日)
千葉市文化センター第1スタジオで、春季講座が開催されました。
今年のテーマは「実践リトミック」です。
幼稚園・保育園・小学校教諭・音楽教室の講師。英語教室の講師等職種は様々ですが、皆さん子供たちに楽しいレッスンをしてあげたいと言う思いの方が集まって下さいました。
前半はリズムを中心に、まずは参加者のスキルアップ。音価を感じられるようにと歌やテニスボールを使って体感しました。
後半は、まず指導するのに大切な合図の練習です。
そして、実際に幼稚園などで行っている内容を身近なマウスパッドやパネルシアターを使いながら子供達に指導していることを前提に実習しました。
帰りには「早速新学期からやってみます!」と笑顔でご挨拶を頂きました。
受講して下さった皆さんが、今日の事を役立てて下さればと嬉しいな・・と言う思いでお見送りしました。
そして月例会にも是非参加して頂きたいと言う願いも!

タイトル 2015年度月例研修会修了式
日付 2016年3月6日(日)
2015年度の修了式を行いました。
皆さん1年間、とっても頑張られましたね。
本当にお疲れ様でした。
修了書の授与の後は、各コース別に発表です。
*初級・・「ずくぼんど」の歌で基礎リズムの表現
*中級・・「思い出のアルバム」の歌で「6/8」拍子の基礎リズムの表現
*上級・・「春が来た」の歌を2/4・3/4・6/6に置き換えて指揮付きで表現
*特コース・・STEP2の指導法
 ①前半の内容を指導書を基に各分野の内容を取りまとめ
 ②後半の内容を「クリスマス」をテーマに

タイトル 2015年度夏季特別講習会
2015年7月26日、千葉市文化センター 第一スタジオにて夏季特別講習会を開催しました。
幼稚園教諭・保育士・レスナー・会員と言う色々な方々が参加して下さいました。
午前中2時間は、ます参加者の皆さん全員で歌を歌い動きながらコミュニケーションを。
次に、音価を感じられるようにステップしたり手拍子をして空間も考慮できるように なりました。
その後、合図の練習をしたり、拍や拍子の練習もしました。(写真①)
午後は、パネルシアターを用いて実践向けの内容です。
1歳向けから5歳向けのものまで、季節に合わせての題材を体験して頂きました。
低年齢向けのものも、年齢が上がると共にどう使用すれば良いか、授業の進め方も含めて 色々な手段の授業でした。(写真②)
このような講座を受けても、実際に現場で同様に使えば良いのかがわからないと言う声を 耳にしましたので、今年は実際に行っている幼稚園での様子などをご紹介しました。
参加して下さった皆さんが、2学期から今回学んだ事を実践して下さる事を楽しみにしています。
参加者の皆さん、5時間半お疲れ様でした。



タイトル 2014年度月例研修会修了式
2015年3月1日
本日今年度の最終回でした。
皆さん全員が認定試験に合格され、何だか晴れやかなお顔が並びました。
午前中は初級・中級の最後の授業。
12:00からは4コース合同で、認定証の授与式を行いました。
お一人お一人に認定証をお渡しするのも、何だかウルウルしてしまいます。

授与式の後は、全員で特コースの発表です。
今年は1歳児のティーチング発表です。
「春チーム」はいないいないばあを中心に、パペットを使いながら。
「夏チーム」は海を題材に色々なお魚さんに。
「秋チーム」は葉っぱを使って魔法使いに。
「冬チーム」は豆まきテーマに発表してくれました。

その後は特コースの方達の倍加半減の発表でした。
初級・中級・上級の方々に説明を交えながら見て頂いたのですが、
みなさん「オォ~~」と歓声を上げながら見てらっしゃいました。

来年度も皆さんと笑顔でお会いできるのを楽しみに、今年度無事終了致しました。

タイトル 幼稚園、保育園のためのリトミック指導資格取得研修会
9月28日、「幼稚園、保育園のためのリトミック指導資格取得研修会」を開催しました。
参加者は13名と少なめでしたが、皆さん真剣な面持ちでメモをとったり、楽しそうな表情の中にも熱意の感じるような動きで受講されていました。
実際の幼稚園での子供たちの様子や反応を聞きながら、カリキュラムの説明に聴き言ってらっしゃいました。
教室の少人数でのレッスンとは違い、多人数の子供達へのレッスンではどんなことが必要なのか、どのようにすれば良いのかなど、盛りだくさんの授業でした。
受講された方々の中には、幼稚園や保育園でお仕事をされている方が多かったので、これからこの授業を役立たせて下さる事と楽しみです!
 

タイトル 2014年度春季特別講習
2014年3月30日
千葉市文化センターで春期講座を開催しました。
千葉県だけではなく、茨城、神奈川、都内からも参加してくださいました。
①T・S・Eを感じながら音価を感じよう
②音価を感じながら具体的な指導書を使っての指導法
③パネルシアターを使っての幼稚園や保育園での指導法
 
3つのテーマに別けての3時間があっという間に過ぎました。皆さん熱心に取り組んで下さいました。
この講座で感じた事を、皆さんそれぞれにいかせて下さればと思います。
 

タイトル 2013年度月例研修会修了式
2013年度修了式!
今年度も無事終了しました!
2014年3月2日に修了式を行いました。
1年間お疲れ様でした!

今年度は初級32名、中級18名、上級14名・ディプロマB18名の方々が合格されました。
修了式の当日は各級全員が集まり、認定証・修了証の授与式。
そして、特コースBの皆さんの発表がありました。
トランスフォーメーション、ティーチングの発表の後は各級に分かれて、記念撮影です!
また5月からの次年度も一緒に頑張りましょう!
 

タイトル 夏季特別講習会
日時 2013年07月28日(日)09:30〜15:30
会場 千葉市文化センター 第一スタジオ

2013年度夏季講習開催!
7月28日9:30〜15:30千葉市文化センター第一スタジオにて「春季特別講習会」が開催されました!
当日は50名の幼稚園・保育園の先生方が参加してくださいました。
殆どが初めての参加者で、若い先生たちの熱気で室温も急上昇でした。
今回は3部構成でリトミック楽しんでいただこうと、スタッフもいろいろと駆使しての授業です。

〈1部〉リズムで楽しもう!
  まずは参加者の皆さんとのコミュニケーションをとるためにも全員で歌を
  歌いながら、いろいろな動作です!♪こんにちはみんな〜♪皆さんの
  歌声で会場は元気いっぱい!
  その後、音価を感じながら手を叩いたりロープを回してみたり。
  皆さん身体でいろいろな要素を感じていただいたようです。
〈2部〉パネルシアターでリトミック!
  パネルシアターを使ってのリトミック指導法です。
  基本的な指導の方法や、先生の指示の仕方・動作の注意点と2学期からの
  季節に応じての素材(秋〜冬)のパネルシアターを使っての指導法を体験
  していただきました。
  見ているだけではなかなか気づかないちょっとした注意点も、各グループに
  分かれて  先生役をすることで、「へぇ〜〜」と新発見されていました。同時に
  指導することの難しさも気づかれた様でした。
〈3部〉リトミックって何?
  実際に皆さんに動いてもらいながら、どの動きがどのように脳に影響を与えて
  いるか?なぜリトミックが子どもたちに必要なのか?などを実感していただきま
  した。
  みんなの知っている歌を使って、どのように子どもたちに発信すれば良いか?を、
  合図・呼吸に注意して実際に動きました。
  そうする事で、如何に「先生」が難しく、子どもたちに与える影響も大きいかを実際
  に感じていただきました。
  初めは、「えーー!」と叫んでいた方も、終わりには立派な「先生」。
  2学期が始まったら、是非子どもたちにリトミックを!


タイトル 春季特別講習会
日時 2013年03月31日(日)09:30〜12:30
会場 千葉市文化センター 第2リハーサル室

2013年3月31日、千葉市文化センター第二リハーサル室にて「春季講座」が開催されました。幼稚園・保育園の先生方やレスナーの方、これから教える仕事を希望されている方等の皆さんは集まって下さいました。
今年のテーマは「楽しく歌おう、元気に動こう、春から夏へのリトミック」。そのテーマにのっとって、参加者の皆さんでまずはコミュニケーションを取りながら基本的な動きの練習です。皆さんが和やかな雰囲気になって来ると「春の小川」や「さくら」の歌を用いてボールやスカーフを使っての「拍」を感じる課題です。歌のリズムを考えて手で打ってみたり、歌いながらボール渡しをしながら全員で協力して「拍」送りやステップをしました。そして、最後にはスカーフをつかって各グループでの創作です。「ちょうちょう」の歌と、「チューリップ」の歌を同時に歌いながら、それぞれのグループがみんなで協力しあって1つの作品を動きで作ります。
あちこちできれいな春の花が咲きました!!


タイトル 2013年度月例研修会修了

2013年4月14日、2012年度の月例会の最終日を迎えました。
各級の皆さんが一堂に集まり、
「特コースティーチング発表」を見ました。特コースの皆さんが作った指導案を見ながら、各級の皆さんが熱心にご覧になっていました。
STEP2「おてつだい」ではケーキやピザ・お手紙を運んだりと言う課題を。
STEP3「だいくさん」ではノコギリやカナヅチに見立てての音価の課題を。
STEP4「複リズム」の課題ではクリスマスをテーマに二分音符と四分音符、二分音符と八分音符の複リズムを楽しく出来るような工夫を発表しました。
特コースの皆さんはこの発表の為に練習を重ねて来ました。実際に教える難しさを感じたそうです。その後は。各級の認定証を授与する修了式です。1年間お疲れ様でした。
また5月からの新年度も一緒に頑張りましょう!!


初級修了式

中級修了式

上級修了式

特別コース修了式

特別コース 修了式 発表

タイトル パネルシアター講習会
日時 2013年03月31日(日)13:30〜16:30
会場 千葉市文化センター 第2リハーサル室

3月31日(日)に千葉市文化センター第二リハーサル室にて「リトミック指導に使うパネルシアター講習会」を開催しました。
当支局の会員さんだけでなく、遠くは大阪から近圏支局の会員さんなど、いろいろなところから約30名の方が参加してくださいました。
レッスンを楽しくわかりやすくするためには、パネルシアターをどう使えば良いか、どうアレンジしていけば良いかなどを、実際に参加者の皆さんにも動いて体験していただきました。
新教材用パネルを使っての模擬レッスンもやってみました。オリジナルの作品が27種類にもなって、なかなか3時間の講習会で全部を体験していただくのは難しいのですが、季節ごとに使うと便利なもの14種類のメニューでした。

パネルシアターを始めて、かれこれ27年になりますが、いかに楽しくスムーズにレッスンができるか、子どもたちに考えさせるにはどうすれば良いかなど試行錯誤してオリジナル作品を作って来ました。
この講習会に参加してくださった方々のお役に立てれば幸いです。

                             千葉第二支局  担当 幡野 多加子



タイトル イベント報告『スヌーピーと一緒にリトミックしよう!』
日時 2012年8月15日、8月18日、8月19日
会場 三越千葉店催し会場
2012年8月15・18・19日の3日間、三越千葉店催し会場で『スヌーピーと一緒にリトミックしよう!』と言うイベントを開催しました。着ぐるみのスヌーピーと一緒に、当日参加希望の1歳〜5歳児の親子と共にリトミックをしました。

「みんなで森に行こう!」
お母さんと手を繋いで森に出かけます。そこはいろいろな動物が隠れています。その動物とお友達になるために、みんなもその動物になります。
みんなはとっても”まねっこ”が上手になりました。そう、みんなは何にでもなれるのです。スヌーピーも大きくなったら野球の選手やテニスの選手、水泳の選手になってみたい・・・・・と言うので、みんなもなってみました。
「You Can Be Enything」が今回のテーマ。
みんなも夢を諦めずに努力すればきっと叶うよ!でした。
スヌーピーと一緒に楽しくリトミックができました。子どもたちはもちろんお母様たちがスヌーピーの登場に大喜び!のイベントでした。

タイトル 2012リトミック夏季特別講習会
日時 2012年7月29日(日)
会場 千葉市文化センター 第一スタジオ
県内・県外問わず55名の方が参加してくださいました。
幼稚園・保育園の先生方から、レスナーの方や会員の皆さんと、職種はいろいろでもリトミックをする時はみんな一緒!子ども役になったり、指導者になったり。
いろいろな歌や道具を使って、具体的な指導法をメニューにしたので、現場ですぐ使えると、参加者の皆さんからのご感想をいただきました。

Aタイム 〜みんなでリズム!〜
①こんにちは

「こんにちは、みんな」の歌を使ってまずは参加者のみんなで楽しくコミュニケーションをとりましょう!の時間です。
いろいろな人と手を繋いでいろいろな速さで動きながら!
②即時反応
二分音符・四分音符・八分音符を聞こえてくるピアノに合わせて、ステップです。その中で強弱や高低、トリルなどのいろいろな合図を聞き分けて反応する練習です。一人で・・二人で・・など組み合わせもいろいろ。
③表現
海の中の生き物を8人グループになって表現します。スカーフやフープ、ボード、ゴムなどいろいろな教具も使って各グループで考えたものを最後に発表しました。
個性豊かで面白い海の生き物がたくさんできました。

Bタイム 〜指導法!〜
①うたを使って

「まつぽっくり」のうたを使っていろいろな動物になって動きます。
②まねっこリズム
「ピピピピ星人」はまねっこが上手!
ピピピピ・カキカキ・フワフワといろいろな動作を真似します。
頭・肩〜と2人組でお互いのまねっこです。
③フレーズ
「キラキラ星」のうたでゆらゆらしたりジャンプしながらフレーズ感の練習です。

Cタイム 〜パネルシアターでリトミック!〜
①「野菜シリーズ」

野菜の名前を歌いながらの手遊びです。
②「誰のおうち?」
トントントンとドアを叩いたら、可愛い動物のおうち。
その動物になって歩きます。
③「クリスマスの日に」
トントントンとドアを叩くのはサンタさん。
クリスマスの日にサンタさんがいろいろな動物のおうちに行きます。


タイトル リトミック春季特別講習会
日時 2011年7月31日(日)
会場 千葉市文化センター・第2リハーサル室
2012年4月1日(日)10:00〜13:00、千葉市文化センターに於いて、千葉第二支局≪春季特別講習会≫を開催いたしました。
男性2名を含む若い先生からベテランの幼稚園や保育園の先生、そしてレスナーの方々24名の皆さんが、楽しんで受講して下さいました。
始めに、支局長高橋によるウォーミングアップ。同時に2つのことをやりながら、<脳を活性化しよう!>。リトミックのお話を交えながらのゲームで、受講者の皆さんも和気あいあいな雰囲気になってくれました。
次は、太田先生。楽しい歌と動きでコミュニケーションをとりながら、T(タイム)・S(スペース)・E(エネルギー)を意識し、基礎リズム(8分・4分・2分音符)につなげて行きました。その基礎リズムを、「ガヴォット」の曲を使ってスカーフで表現してみました。曲を感じ、仲間と動く事で、リズムがどんどん明確な表現になって行きます。初めての方達とは思えない動きでビックリしました。
次は、幡野先生によるティーチングです。指導して行く上で大事な、「合図」おかけ方を丁寧に練習しました。そこから、アナクルーシスを感じるボール課題をグループで行いました。楽しいので、自然にアナクルーシスが感じられる表現になって行きました。
次は、2歳から5歳まで指導できるスカーフ課題を楽しみました。知っている曲を変化させたり、動きを変えたり、花びらを使っ足り、お花を使ったりしながら、その年齢ごとの課題に変化させて行きました。
次は、グループになって受講者の皆さんが考えた動きを発表してもらいましたが、素敵な表現に拍手拍手でした。
最後は、支局長高橋のまとめです。太田先生タイムで練習した基礎リズムをフレーズで動きながら「ポルカ」を踊り、皆さんハーハーでしたね。また、幡野先生タイムで練習した「まねっこリズム」〜「動作のカノン」を経験してもらい、そのカノンをしながら元気にチャールストンを踊って終わりました。
“聞いて”〜“感じて”〜“考えて”〜“表現して”〜“確認して”そして<みんなで楽しく>を合言葉に行った春季特別講座です。
受講者のみなさんも、帰りはみんな仲間のような笑顔で帰って行かれました。きっと私たちの思いは伝わったと感じました。


タイトル リトミック夏季特別講習会
日時 2011年7月31日(日)
会場 千葉市文化センター・第2リハーサル室
2011年7月31日(日)千葉市文化センターにて「夏期講座」を開催しました。現会員さんや初めての方々50名が、暑い夏に負けないくらいの熱気で5時間の授業に参加してくださいました。

《第1部 童謡を使ってリトミック》
みんなの知っている童謡を使って、どうリトミックに発展させれば良いか、どうすれば子どもたちに伝えていけるかなど、参加者みんなで体験しながら実践しました。最近幼稚園でも、なかなか童謡が使われていないところが増えています。参加者の中には、幼稚園や保育園の先生方が多かってので、是非園に持ち帰って使っていただければと思います。

《第2部 パネルシアターを使ったリトミック》
手遊び歌や指導書内のカリキュラムを、より一層楽しく子供たちに伝えるのにパネルシアターがとても役に立ちます。年齢が低ければ低いほど、集中させたり座らせたりするのに現場では大変なことが多いのですが、パネルシアターがあると授業が進めやすくなります。この第2部では、実際にみんなで手遊び歌を考えたり、パネルシアターを使う時の注意事項などを学んでいただきました。また、箭川先生に作曲していただいた新作「ブレーメンの音楽隊」を最後にご披露しました。この作品の中で使う「ボイスリズム」も参加者全員で練習して、みんな参加の「ブレーメンの音楽隊」でした。

《第3部 みんなでリトミック》
最後はみんなで「ウエストサイドストーリー」の曲を使って3:2の練習。円になっていろんな方向に移動しがら、3:2を習得しました。もう1つ、フレーズによって色んな動作をしたり、色々な方向に進んだり、交差したりと、楽しい中にもちょっと難しい内容にも挑戦でした。

あれよあれよと言う間の5時間でしたが、みなさんが笑顔で会場を後にしてくださったのが、とても印象的でした。
今回は早くに定員となり、参加希望の方にご迷惑をおかけしました。来年度は広い会場での予定をしています。ぜひまたご参加ください。


タイトル リトミック春季特別講習会
日時 2011年4月3日(日)10:00〜13:00
会場 千葉市文化センター・6F 第1スタジオ
講師 高橋 芳子
(リトミック研究センター千葉第二支局支局長)
26名の参加予定でしたが、震災で避難所生活を送ってらっしゃる方などの欠席があり、24名の方々との3時間でした。
今年の春季講座は5つのテーマに分けました。

1)まずは楽しんでみよう!

早さ・強弱・空間を感じながら手合わせをしてみると、自然にリズムが生まれてきます。また、5人グループになって名前の数だけ手拍子すると、「どうすれば相手に伝わりやすくなるか?」「どうすればスムーズに流れるか?」など注意点がいっぱいあるのに気づきます。それらを意識しながら手拍子する練習をしました。

2)ビートを感じて、八部音符・四分音符・二分音符を感じよう!
ビートで歩きながら、その半分である八部音符や倍の二分音符を認識しましょう!

3)ティーチング:合図のかけ方を学ぼう!
子どもたちを指導するには、まずは指導者が適切な合図を与えてあげることが重要です。そのための練習をしました。また、ティーチングでは「まねっこ」のカリキュラムに挑戦しました。 指導者がどのようにポーズやリズムを提示すると、子どもたちが模倣しやすいかなどを体験しました。

4)パネルシアターを使っての手遊び歌!

低年齢の子供達が楽しくレッスンに参加できるように、パネルシアターを使いながらの手遊び歌をやってみました。野菜・果物・海の生き物・動物などをMIXすると、動作を記憶するのも皆さん大騒ぎ!

5)まとめ
「春の訪れ」のうたを使って、リズムや拍子やニュアンスなどを感じながら動作を加えて、グループに分かれて表現してみました。

震災後3週間というこの時期に、皆さんまだまだ落ち着かない状況の中集まっていただいたことにスタッフ一同ホッとし、また大変嬉しく感じました。
「みんなで元気になろう」が今年の大きなテーマです。参加して下さった皆さんも、元気いっぱいに取り組んで下さっていました。

タイトル 爆笑あややのパーカッション講座・第2弾
日時 2010年12月12日(日)13:00〜16:00
会場 千葉市文化センター
群馬第一支局支局長の澤渡 彩先生をお招きして「爆笑あややのパーカッション講座」を開催しました。前回大変好評だったので、第2弾です!
参加者は30名余り。普段レッスンなどで使用している「タンバリン」・「カスタネット」・「鈴」・「タイコ」などの正しい打ち方や、ちょっとカッコイイ打ち方などを教えていただきました。知っているようで知らなかったことがいっぱい! レッスンの時にどのように取り入れていけば良いか、子どもたちにどのように打楽器指導をすれば良いのかなど、澤渡先生のお話と実演に受講生はうっとり! でも「あややトーク」で、3時間の講習会の間は笑い・笑い・笑い!!
最後はグループ別で即興演奏や、全員での即興演奏と盛りだくさんでありながら、とって楽しい、ためになる特別講習会でした。

Copyright(C) リトミック研究センターAll Rights Reserved